商品が売れやすくなる商品ページを作る基本

こんばんは、いのうえです。

今回は商品販売ページを作る際に押さえておくべき

基本内容とコツについて書いていきます。

今後の商品ページ作りの参考にしてください。

商品タイトルは結構重要

まず最初にユーザーが目にするのは商品タイトルにになります。

この商品タイトルはしっかり設定していかないと、あなたがそんなに

すばらしい商品を販売してても商品は売れません。

まずは、商品タイトルをどのようにすればいいか?

そこを考えていかなければなりません。

商品タイトルはお客様が商品を探す際の検索にヒットして

少しでも多くの人に見てもらえるようにしないといけません。

そこで、自分の商品をどこで販売していくのかその場所での

タイトル入力数をよく把握する必要があります。

把握したうえで、その入力限度額に近い文字数でタイトルを

作成することで、検索されやすくするように心がけましょう。

基本的には文字数は多いほどメリットが多くなります。

何をいれていけばいいのか?

先ほど文字数は多いほどメリットが多いと書きましたが、

だからといって何でも入れて文字数を多くすれば良いというものではありません。

ここ、結勘違いして検索キーワードを羅列してしまうと、

その商品がどんなものか理解してもらえず、逆効果になる場合があるので

注意が必要になります。

商品タイトルの作成時に注意すること

商品タイトルの作成時には以下のようなことに特に注意していきましょう。

商品名の部分に商品名やメーカー名などとは別の文言を多く記載してる

商品をよく見かけますが、ユーザー目線からすると商品名がゴチャゴチャ

しているとその商品のことが瞬時に理解しにくく、クリックされにくくなり

商品購入されにくくなります。

また、商品タイトル部分にいろんなキーワードを入れてる商品タイトルも

検索エンジンやショッピングモールによっては逆効果で表示されにくい

なんてことにもなりますので注意が必要です。

商品タイトルの作成時には、関連性の高いキーワードを前の方に設置することで

検索結果で表示されやすい傾向にあります。

また、商品名やメーカー名など以外にも何か入力したい場合には、

お客様が購入する際にメリットがあるトピックやキーワードを、キャッチコピー

として記入するのもお客様への訴求力が高くなります。

例えば、送料無料・数量限定・セール中・人気No.1なども効果的です。

あと記号はあまり使わないようにしましょう。

記号は検索対策としては逆効果になる場合もありますので、

使用しない方が無難です。

商品説明文

商品説明には、商品名と商品画像だけでは足りない情報を入力します。

商品を販売する際に必要な情報を記載していきます。

例えば

寸法:商品のサイズ(縦×横×奥行・高さ)

容量:ml、cc、m3

材質・原材料表記:その商品は何から作られているのか

生産(製造)地:その商品はどこで生産・製造されたのか

期限表記:賞味期限、消費期限、利用期限、利用上限

等のような商品スペック(仕様)などを記載していきましょう。

認知度の高い商品だと上記に記載した商品スペック情報だけでも

理解できますが、多くの商品はそれだけでは商品のことを理解できません。

そのような場合はさらに情報を商品説明文に記載していく必要があります。

家電製品・パソコンなどの場合

従来の商品との各機能の比較や新しく追加された機能の説明

類似商品との性能面などの比較情報や優位性などの説明

商品を利用することで解決できる課題や、新たに可能となる成果

衣類・ファッション・雑貨などの場合

商品の材質の説明や、材質の特性・性能について

商品の用途(利用シーン)やコーディネートなどの提案

お手入れ・保存方法の説明

専門性の高い商品の場合

その商品を使うことのメリット、使うことでどうなれるのかを説明

競合・類似商品との違い・優位性などの説明

以上のようなことを記載していくと効果的です。

このように商品タイトルや説明文の作成は結構大変です。

最初からうまく書いていこうとするのではなく、出品後に反応をみて

いろいろ修正をしていくスタンスでおこなっていくのが効果的です。

また、完成した説明文などを、第三者の目線でお友達やご家族の方

に見てもらうのもいいですよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加してます。
よければあなたの行動力分けてください。
ポチっ!していただけると励みになります。


せどり ブログランキングへ

スポンサーリンク



★公式LINE@お友達募集中★

https://line.me/R/ti/p/%40hkd4561v
またはID:@hkd4561vで検索!
(@をお忘れなく)

友だち追加

 

You Tube

 

 

スポンサーリンク
amazonギフト券

amazonギフト券

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
amazonギフト券

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です